後ろを振り返っている女性

肌のバリア機能

敏感肌の人は肌のバリア機能が弱まっている状態のため、保湿力の高い化粧水を使えば肌質改善をすることができます。肌質を強くすれば空気中に浮遊している菌や汚れから守ってくれます。

保湿

刺激の少ないもの

敏感肌の人は肌刺激に弱いため化粧水選びをするときは刺激成分が少ないものを選ぶことで肌トラブルを防ぐことができます。保湿力を高めるもので肌刺激が少ない成分がセラミドが代表的です。

ポーチの中身

ケア方法

敏感肌の人が化粧水を使うときには保湿力が高いものを選ぶと良いですが、ケアをするときに手で肌に化粧水を伸ばすと摩擦力が発生してしまいます。あまり手で触れずにケアをすれば刺激を少なくできます。

青いシャドウ

保湿力を高める

黒のワンピース

人間は一人一人肌質が違うため、化粧水選びをするときには自分に合ったものを選ぶ必要があります。
市販では多くの化粧水が販売されていますが、多くの化粧水には肌刺激を与えてしまう界面活性剤が含まれています。
これを敏感肌の人が使うと肌に悪影響を及ぼす可能性があるので、美容目的で化粧水を使うときには低刺激のものを選ぶ必要があります。
敏感肌の人は肌の奥にある角質層の水分が足りていないので、それを補うためには保湿力の高い化粧水を使えば改善できます。
化粧品には化粧水や乳液、美容液などがありますが、肌質を整えるためにはまず化粧水を使うことが大切です。
化粧水で肌全体に保湿を高めることで少しずつ敏感肌改善に向かうことができます。

敏感肌の人は自然本来の無添加化粧水を使うことで肌刺激を少なくできますが、それでも人によっては肌刺激が起こってしまうこともあります。
購入してから初めて付けるのではなく、購入前に肌へ少し付けてみることで炎症が出ないか確かめることができます。
トラブルがあっても気にせず継続してしまうと肌の炎症が悪化して肌の奥から組織が壊されてしまいます。
敏感肌用の化粧水の他にも美白や美肌、アトピー肌用のものがあります。
用途に合わせて化粧水を使い分けることも、美容を意識したスキンケアをすることができます。
若いうちから美肌を目指すために正しいスキンケアをすることで年齢を重ねても若々しい肌を維持することができます。

Copyright(c)2015 敏感肌の人は化粧水を使うときには低刺激のものを使う